※株式会社ジーエムピージャパンは、各種商品の総販売元です。

医療用新型酸素マスク New Oxygen Mask

  • HOME »
  • 医療用新型酸素マスク New Oxygen Mask

呼気に含まれる高濃度二酸化炭素を再吸入しないshenpix New Oxygen Mask

医療機器認証番号:229AKBZX00001A01  中濃度酸素マスク クラスⅡ

photo_mask_side 日本EU28ケ国中国韓国台湾での形状意匠登録済商品
※アメリカでも現在登録申請中


代理店様ログインページはこちらへsellerパスワードはメールにてお問合せ下さい
shop@gmp-japan.com

呼気を排出しやすく、口唇や口腔の乾燥を防ぐ設計

gra_02   口部カバー:
   呼気の湿度を利用して、口部分の乾燥を防ぎ、ウィルスの侵入を防止

鼻部分(吸気)と口部分(呼気)を分けるパーテーション

gra_03

呼気を排出しやすいように開口部を設けました

画像_マスク下部

 

製  品  仕  様

gra_06※記載の寸法は標準寸法で、実際の寸法とは異なることがあります
gra05


代理店様ログインページはこちらへsellerパスワードはメールにてお問合せ下さい
shop@gmp-japan.com

New Oxygen Mask 開発の背景

従来の酸素マスクは、酸素マスク内に二酸化炭素が貯留しないよう、酸素の流量を4~5リットル/分以上に設定することが推奨されていました。酸素流量が少ないと、酸素より重い二酸化炭素はマスク下部に貯留していき再吸入してしまうためです。gra_07
人がはき出す(呼気に含まれる)二酸化炭素の量は38,000~50,000ppmと言われます。マスク内では拡散して薄まりますが、依然2,000~3,000ppmが残留し、それを再び吸い込んでいます。これは厚生労働省が定める建築物環境衛生管理基準上限値(1,000ppm)をはるかに超える数値です。

gra_ohmygod_j

New Oxygen Maskがこの問題を解決

gra_08a
0005
gra_08b
 

マスク内測定データ

 ※酸素ボンベから供給される100%濃度の酸素もマスク内では拡散して大幅に薄まります
 ※New Oxygen Maskではマスク内の酸素濃度が従来型に比べ約30%UPします
 ※New Oxygen Maskは鼻で吸い、口ではいております

gra_09a
gra_09b
 ※New Oxygen Maskを使用する事により、マスク内は室内と同等程度の
  二酸化炭素量まで減少します
 (データ提供:シェンペクス・インターナショナル)
 注意:口呼吸しかできない人は使用できません


カタログ資料はこちらからダウンロードできます

 

お取り扱いをご検討の医療機器販売会社様や医療機器商社様はこちらをご参照くださいsellerhttp://www.sansomask.com/

お取引に必要な情報を掲載しております

このページを開くためにはログインパスワードが必要です。
まだパスワードを取得されていない場合は、
御社名・ご住所・電話番号・ご担当者名をご記入の上、
下記メールにてお問合せ下さい。

   shop@gmp-japan.com

お気軽にお問い合わせください。 TEL 027-219-6612 受付時間:平日9時~18時(定休:土日祝)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加